胃炎をサプリで改善!治し方のススメ!!マヌカハニーがいい!

慢性胃炎の予防、そして改善

 

慢性胃炎を予防するためには食生活の見直しがとても大切になります。既になってしまっている慢性胃炎の改善にも食生活はとても重要です。では、どんな風に食生活を改善していけばいいのでしょう。

 

ピロリ菌の感染にとても効果のある食材があります。たとえば、LG21乳酸菌などがあげられます。もしも慢性胃炎の要因がピロリ菌ではなかったとしても、やはり同じように効果があるます。いますぐにでも食事にとりいれたいものですね。

 

逆に避けた方がよい食事もあります。たとえば、天ぷらや揚げ物などの油もの。他にも、肉なんかがそうですね。強めの香辛料もよくありませんので料理にたくさん入れるのはやめておきましょう。これらのものは胃が排出しようとする力を弱くしてしまうのです。

 

せめて慢性胃炎が改善されるまでは食べるのを控えておきましょう。そして薬による治療はもちろんのことですが、食事を1食抜いてみるのもお薦めです。そして、抜いた分は水分のみをとってみてください。そうすると、胃を休めることができます。

 

次の食事は胃に優しい消化のよいものがお薦めです。おかゆにうどんといったものが消化がよくてお薦めですよ。また、普段から主食になるものを柔らかめのご飯にしてみるのもいいですね。

 

脂の乗った時期のマグロや鰯を刺身にしていただくのもとてもいいです。ムチンもいいので、山芋や里芋を多めにとっておきましょう。逆に食物繊維は消化が悪いので控えるようにしましょう。たとえば、ゴボウやたけのこなどがそうですね。

 

 

慢性胃炎と漢方薬

 

慢性胃炎には意外にも漢方薬が効くといわれています。西洋の薬の方は急性胃炎に効果的といわれています。それは、胃酸の分泌を抑えてくれるH2ブロッカーが配合された薬です。その効果はかなりハッキリしています。

 

ですが、慢性胃炎は長い時間にわたって胃に不快感等を覚えててしまうようなものです。長い時間かかるものについては、やはり漢方薬の方が合っているのです。慢性胃炎になった場合、感じる症状の代表は胃に感じる不快感ですが、他にも体全体の疲労感やだるさなどがあります。

 

また、めまいを感じることも時にはありますし、頭重や眠気といった自覚症状もあります。これらはどれも長期にわたり感じているものだったりするので、西洋の薬ではなかなか対応できないのです。体全体に感じる不快感には、やはり漢方薬を用いるのがお薦めです。

 

東洋の医学界では、慢性胃炎というものは実は体力が余りある人がなってしまうことが多いようなのです。逆に萎縮性胃炎の方は、体力のあまりない人がなることが多いようです。体全体のエネルギーが落ちているということです。

 

漢方薬の中でも六君子湯という薬は、そんな人にとても効果があります。常に胃がもたれているといった人にはお薦めしたい薬です。また、頭重やめまいを感じている人には、半夏白朮天麻湯がお薦めです。体力が余りある人にお薦めなのは黄連湯、そしてや半夏瀉心湯です。

 

漢方薬は様々な人に、様々な組み合わせを用いることにより、本人にぴったり合ったものを処方してもらえます。ぜひ一度、漢方薬局でじっくり相談してみましょう。

 

慢性胃炎の原因について

 

どんなことが原因で慢性胃炎になるのか、知っておきたいですよね。そのひとつは、いわゆる暴飲暴食です。これは胃にかなりの負担をかけてしまいます。普段通りの食事は特に胃に負担をかけることはないのですが、無理矢理たくさんの食事をとってしまうと、それを消化しようとしてかなりの負担がかかってしまいます。

 

そうすると、胃の表面にある粘膜は傷つけられてしまうんです。女性が大好きな甘いお菓子もあまりよくありません。油たっぷりの食べ物もしかりです。この2つは胃の本来の機能を鈍らせるという悪い影響があるのです。なので、香辛料を振りかけるのはほどほどにしましょう。

 

次に挙げられるのは、私たちが普段抱え込みがちなストレスです。あまりにもストレスを抱え込んでしまうと、胃は血流障害を起こし多状態になってしまうのです。大きなストレスは、最終的には胃の粘膜を弱めたり傷つけたりするのです。夜遅くまで起きて睡眠不足になったり、タバコを常用的に吸ったりというのもあまりよくないようです。

 

もう1つ、原因になるものとしては、ピロリ菌の感染によるものが挙げられます。日本ピロリ菌に感染している人がとても多いようなのです。そして、このピロリ菌には胃がんの原因にもなり得るので注意が必要です。

 

こうして一つ一つ考えてみると、とにかく食生活を気をつけること、胃炎 サプリでできるだけストレスを抱えないことといったとが重要になってくるかと思います。ピロリ菌の感染について気になっている方は、まずは病院へ行って検査してもらいましょう。きちんと除菌してもらえば大丈夫です。

 

更新履歴